チュードルスーパーコピー:ヘリテージ ブラックベイ

公開日: 2018/05/15

世界初の完全スーパーコピー時計優良店を実現したオイスターケースをはじめとする、ロレックスが成し遂げた様々なイノベーションをを活かしながら、ロレックスとはまた違ったコンセプトを持つプロダクトを展開することで、さらなる販路開拓を目指したとされるチュードル。
ロレックスのセカンド・ブランドとも呼ばれたチュードルのコレクションには、かつてはロレックスのプロダクトに酷似したものが少なくありませんでしたが、近年の時計業界の多様化の中、ロレックスとは異なるデザインや機能性が与えられたプロダクトが目立つようになり、様々な試行錯誤を繰り返しながらも、独自のブランドとしての進化を目指すようになります。
あえてロレックスに似ないようにと線を引き直したように見えるモデルも少なくないように思えるのは私だけでしょうか
一方、2007年に登場したロンジンのレジェンドダイバーの大ヒットに始まった復刻時計ブームは、リーマンショック後の時計業界に新しい流れを生み、伝統ある多くのウォッチメゾン達が、過去の傑作達が持っていた良質な遺伝子を新作に積極的に取り入れるようになります。
ロレックスも時を同じくして、ミルガウスの稲妻型の秒針の「復刻」で成功をおさめてはいましたが、ロレックスが持つ揺るぎない、明瞭なブランドのカラーは、過去を振り返るような復刻版を作ることを許さなかったのか、その役目をチュードルに託したようです。
この推測が正しいかについてはともかく、チュードルスーパーコピー新作のヘリテージシリーズは、世界中のロレックス、チュードルファンたちに大歓迎され、新作が登場するたびにプレミア価格が付くほどに注目を集めるようになり、昨年ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリにおいて新設された、「復刻時計部門」で初代グランプリに輝くなど、大成功を収めました。

https://sites.google.com/view/mestokei  ブランド時計コピー海外激安通販専門店