ベル&ロススーパーコピー激安

公開日: 2018/05/16

ベル&ロススーパーコピー時計「BR01 ファントム」は2008年にバーゼルで発表され、そのほかにはないデザインが話題を呼んだモデル。見えない戦闘機と呼ばれたステルス戦闘機をモチーフとするデザインは、文字盤からケース、ラバーストラップにいたるまで、すべてブラックを基調としている。インデックスと時分針もすべてブラックに統一。しかしブラックの夜光塗料でコーティングされているため、暗闇でははっきりと発光するなどの視認性に配慮した仕様がほどこされている。     
そのスタイリッシュなデザインゆえにたちまち人気を博したモデルが今年2010年、クロノグラフモデル「BR03-94 ファントム」として登場。こちらもやはり500本限定のため、今回も早々の完売が予測される。ミリタリーウォッチをテーマとして斬新な製作をつづけてきたベル&ロス、同社のよさが凝縮したこのスマートなオールブラックモデルをこの機会にぜひ手に取ってみてほしい。
ブルーノ・ベラミッシュとカルロス・ロシロが、「デザインとテクノロジーの融合」というテーマを掲げて1991年に創業。以来、フラッグシップモデルの「ヴィンテージ」を始め、1950年頃のスーパーコピー時計販売をモチーフにした「クラシック」、宇宙や深海などの極限の環境下での着用が想定されたタフウォッチ「プロフェッショナル」、現代テクノロジーの粋を結集した多機能時計「ファンクション」など、多彩なラインナップを展開している。
なかでも「プロフェッショナル」シリーズに属する「ハイドロマックス」は、ケース内部に特殊なハイドロオイルを充填することにより、地球で最も深いマリアナ海溝の最深部(1万920m)にも耐えうる1万1100mもの防水性能を実現。ベル&ロスの名を急速に広めることとなった。
また2005年には初の角型時計「BR01」を発表。「機能が形を作る」というコンセプトのもと、マスターウォッチメーカー、デザイナー、プロユーザーらが結集して開発されたこのミリタリータイプのスクエアウォッチは、裏蓋を持たないワンピース構造のケースを、4本のビス留め式のベゼルで密封する特殊な構造である。
クロックやペンダントウォッチ、さらにはコックピットの計器板にも取り付け可能という活用範囲の広さも伴い、現在のベル&ロスの主力モデルとなりつつある

https://sites.google.com/view/mestokei  ブランド時計コピー海外激安通販専門店